新米主婦なーな*暮らしNOTE

*新築マンション購入したことをきっかけに、家計管理・貯金・節約・シンプルライフに向けて試行錯誤していくブログです*

マンション

住み替えを前提でマンション購入する場合、このマンションは売れるのか?売却に有利なポイント2つ【新築マンション購入】

更新日:

こんにちは。
マイホームというのは、一度見学しただけでは決断できない大きなお買い物ですよね。
私たちは住み替え前提で考えているのですが・・・何度もモデルルームに足を運んで購入に至りました。

今回は、住み替え前提でマンション購入を検討されている方へ。
今検討されているマンションは「売れるマンションかどうか」ぜひ確認してみてください。

スポンサーリンク

住み替えに有利なマンションのポイント!

スーモカウンターで言われた通り、私たち(というかほとんど私)は将来的に「戸建に住み替えること」を大前提に、マンション探しをすることにしました。

スーモカウンターの記事はこちら👇

スーモカウンターへ行ってきました!口コミ【新築マンション購入】

こんにちは。なーなです。 私たち夫婦は新築マンションを購入しました。 マンションを購入するまでの道の ...

続きを見る

住み替える=将来的に売る=売れるマンションかどうか

これが大事なポイントになってきます。売却するにあたり有利であろうポイントを担当さんに教えていただきました。

①間取り おすすめは2LDK

住み替えを前提にするならば・・・と、担当さんからおすすめされたのは2LDKでした。

・夫婦二人暮らしの方が住み替えを前提に購入するのであれば、そこまで部屋数はいらない
・3LDKなら購入価格も下がる

なーな
確かに、部屋数は二人なら1LDKでも十分なくらいだったから、3LDKだと広いかも・・・子供が出来ても2LDKなら問題なく住めるね。
主人
金額も3LDKだと少し高くて無理しないとだけど、2LDKなら・・・!

私たちは、マンションで一番需要のある間取りは「3LDK」だと思っていたので、2LDKの需要があるのか、あまりイメージがわきませんでしたが、

・夫婦二人暮らしの方
・子供が小さい方
・子育てを終えた夫婦

こういった世帯の方に需要があると教えていただきました。

また、売りに出さなくても、賃貸として貸し出しも可能だし、売却・賃貸どちらにするにせよ、不動産会社の方でサポートシステムがあるということでした。

間取りも大事だけど広さも大事!

間取りに気を取られがちですが、平米数も大事です。
3LDKで75平米と2LDKで75平米だと、各部屋の広さが変わってきます。

3LDKで部屋数は多いけど、廊下の面積が多くて、リビング以外の部屋は4畳や5畳。なんてマンションもありました。

3LDKを購入して、2LDKにリフォームされる方も多いとお話しされていました。

間取りももちろんですが、平米数も確認してみてください。

②立地 駅から近いか・周辺環境は?

売却するために有利なポイントはもう一つ。マンションの立地です。

今回購入したマンションは、駅徒歩7分(平坦)。
駅直結などのマンションに比べるともちろん負けてしまいますが・・・

駅からマンションへ行くまでにスーパー2つ、薬局2つ、お惣菜や2つ、ファミリー向けの飲食店多数・・・
主要な駅へは一駅で行ける、電車は2路線使える。目の前にバス停。

そのほか、保育園や小学校も近くにあり、生活するにはとても便利な環境です。

生活に困らない環境であることも、売却には有利。という担当さんのお話でした。

③土地に価値があるか

最後は、土地(地域)自体に価値があるかどうかです。

・これから開発される計画があるのか
・地域に住んでいる方の年齢層はどうか
・周辺に同じような時期にマンションが立っているか

5年後、10年後、価値が下がる土地なのか、上がる土地なのかはぜひ担当さんに聞いてみてください。

検討されている新築マンションと同じくらいの間取り・広さの中古マンションが、現在どのくらいで売却されているのかも一つの目安になるとのことです。

まとめ

マンションを住み替えるにあたり、売却に有利なポイントをまとめました。
間取り・土地、環境は、たとえ住み替えることなく、ずっと住むことになっても大切にしたい部分です。

住み替えを前提にマンション購入を検討されているか方がいらっしゃったら、ぜひ意識して見学などしてみてください。

-マンション
-, , , , , ,

Copyright© 新米主婦なーな*暮らしNOTE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.