暮らしのこと

実家の部屋の荷物を捨てました【シンプルライフ・断捨離】

4年前、実家を出たときに、必要なものだけ持って行った私。
部屋に残された荷物がずっと気になっていたので、重い腰を上げて片づけました!

大がかりな断捨離でした。恐るべし実家。
捨てたモノたちをご紹介します。

①洋服

結論から言うと、洋服ダンスの中の服はすべて捨てることになりました。

*好みが変わった
*体型的に着られない
*ヨレている
*毛玉だらけ

タンスの中にはこんな洋服ばかり。
これからも着たい!と思える洋服が一枚もありませんでした。

20代前半の私は、ヨレヨレの洋服や、毛玉だらけの洋服を着ていたんだと思います。
服がきちんとしていないと、だらしない・ずぼらな印象ですよね。

この洋服たちは、当時の私の日常生活や意識の表れでもありました。

遅刻、時間ぎりぎり、被服費なんて出す余裕がない!なんてことが当たり前で、コーディネートや好きな洋服を買って楽しむ時間がなかった。
脱いだら脱ぎっぱなしのだらしない性格で洋服を大切にしていなかった。

今となってはの話ですが、洋服を全部捨てて、次からはお気に入りの洋服を着て過ごしたいな。と思えるようになりました。

②思い出の品

次に、ウォークインクローゼットの中。

元彼との思い出の品が入った段ボールたち。

写真や、手紙、遊びに行った場所の半券チケット、プレゼントなどなど・・・

未練なんてまったくないのに、律儀にすべて取っておいていました。

(いや、でも、別れた当初は
「もうこんな好きになれる人になんて出会えないかもしれない(;;)思い出のもの、捨てられない(;;)」
なんて思って取っておいたんだろうな~。。。笑)

不覚にも、手紙は読み返して少しウルウルしてしまいましたが。笑

箱を開けなければ、思い出すこともなかったし、過去は過去、これからのことを大切にしたい!と、今回は捨てることにしました。

段ボール分のスペースがぽっかり空いて、これはすごくすっきりでした!

③電子ピアノ

小さいころに両親に買ってもらった電子ピアノ
両親に買ってもらったということもあり、思い入れのあるものでした。

前々から壊れていながらもなんとか使えていたのですが、久しぶりに電源を入れたら、鍵盤から「2音」しか音が出ない状態になっていました。笑

ピアノを弾く時間はリフレッシュ出来たり、楽しい気持ちになったり、心を救われたことが何度もありました。

さみしい気持ちを持ちながらも思い切って断捨離。

④書類

仕事で使った研修の資料、新人の時にたくさん書いたメモ類。

この春に転職しているので、前職で使っていたものが主になるのですが・・・

もう使わないので、全捨てしました!

同業他社に転職したので、使える資料あるかな?なんて思っていましたが、前職で使っていた資料よりハイクオリティの資料が現職でそろっているので、不要と判断しました。

⑤モバイルバッテリー

モバイルバッテリー5つ捨てました。

これも、私のだらしない性格が出ているんですが・・・

外出先で携帯の充電がなくなる→即モバイルバッテリー買う

という流れを繰り返し、5つもモバイルバッテリーが実家にあるという状況になっていました。
1つ1,000円はすると考えると、5つで5,000円。
本当にもったいないことをしたなと思います。

今は、一つを常に持ち歩くようにしているので、当然新規購入することもなくなりました

<今回の断捨離を終えて>

必要なものだけを持って実家を出た私。
当然実家の部屋に残っていたのは、なくても困らない物たちでした。

でも、当時の私には捨てることができない物たちでもありました。

「思い出のものだから。」

「もらったものだから。」

「まだ使うから。」

「今使っているから。」

実家にいたときは、断捨離したいという気持ちはあって、「断捨離する!」なんて口では言ってたのに全然できなくて。
私って捨てられない女だな~なんて思っていましたが。

いったん距離を置いたら、気持ちがリセットされて、大事にしたいものも、変わっていました。

大好きで大事にしたいものに囲まれて生活したい、そう思えるようになったのは、一度捨てて余白ができる喜びを知ることができたからだと思います。

引き続き、理想の暮らしを目指して断捨離していきます。