暮らしのこと

断捨離したら、好きなものに囲まれました【シンプルライフ・断捨離】

2018年を振り返ると、たくさんのものを断捨離しました。

断捨離したことで、暮らしも気持ちも、大きく変わったように感じます。

影響の大きかった断捨離を振り返ります。

[adsense]

①仕事の断捨離

一番大きかったのは、仕事を転職したこと。

新卒で入社し、9年目になったところでしたが、

「連日の残業」「連勤続き」「ボーナスなし」「職場の人間関係」

いろんなものを我慢しながら、たくさんのストレスを抱えて気づいたら丸8年が経っていました。

前の職場を辞めたいと思いながらも、なかなかやめられなかった理由は・・・

*同僚に情があったから
*いやだと思いながらも慣れた職場を離れるのが怖かった
*こんな私に新しい職場が見つかるのか不安・・・
*転職して今より悪い環境になったらどうしよう・・・

といったところでしょうか。

転職前は、家と職場の往復だけの毎日。

へとへとで夜遅く家に帰って、今度は山積みの家事に追われて・・・と気持ちも体力も限界でした。

ずっとこの環境は、人生楽しくないな!と思い、2018年の春、ようやくストレスの元を断つことに決めました。

転職先は「残業0」「土日+月1回平日どこか休み」「ボーナス2か月分」「人間関係良好」と、私にとっては夢のような職場です。

転職してよかったと心底思います。

仕事の断捨離をしたことで、「ストレスフリー」で「明るい毎日」が送れるようになりました。

「残業や連勤がなくなり時間の余裕」「安定したボーナスで気持ちの余裕」ができました。

仕事に費やす時間は一日の大半を占めているので、ここが改善されるだけでかなり充実した毎日になるということをに気づかされました。

あのまま前職を続けていたら、ずっと満たされない毎日を送っていたかもしれないと思うと、ぞっとします。

仕事の断捨離、2018年で一番してよかったなと思うものでした。

②ボロボロの洋服とおさらば!

ここ何年か、ほっとんど洋服を買っていませんでした。

買っても、ネット販売の安いやつとか。

で、同じバリエーションの服を何年も着ていたのですが。

安い洋服って生地の問題なのか、劣化が早いんですよね。

安くて愛着もないから、大事に着ようという気持ちもあまりなくて。

なので、お恥ずかしい話なんですが、毛玉だらけだったり、首元がヨレてたり、袖や襟元が汚れているような洋服を平気で着ていました。

でも、今年は気持ちを一新!

上記に書いたようなボロボロの洋服は「これで男性とデートに行けるか」という基準で(笑)すべて捨てて、本当に自分が着たい、大切にしたい、デートに行けるような(笑)お気に入りの洋服を購入しました。

[st-card id=480 label=” name=”]

今までの洋服は、そこらへんに脱ぎ捨てたり、ハンガーのかけ方や、干し方も雑だったのですが、お気に入りの洋服相手だと意識も変わり、丁寧に扱うようになりました。

視覚で人の印象は変わると思うので、きちんとした印象を与えられるよう、身だしなみに気を付けていこうと思えるいい機会となりました。

③財布の断捨離

こちらも洋服の話と似ているのですが・・・2018年は、10年使ったお財布を手放しました。

大学3年の時から使っているお財布。

本当にボロボロでした。

お財布って、お金のお布団と言われていますが、、、

あれは・・・ホームレス状態でしたね(笑)

今は、新しくPRADAのお財布をお迎えしました。

ずっと欲しいと思っていたお財布なので、大事に大事に使っています。

これも、前のお財布を捨てたから、お気に入りのお財布が来てくれたんだなと思います。

[adsense]

たくさん手放したけど、たくさん好きと出会えた♡

2018年、たくさん断捨離したことで、お気に入りのモノに出会えて、自分の好きな生活に近づけました。

とはいえ、まだまだ断捨離できるものはありそう!

2019年も、さらにお気に入りに囲まれるべく、断捨離していきたいと思います。